自走式雑記帳

時たま更新します

春の悪魔

f:id:miya4060:20161218121016j:plain

特に関係のない画像ですが石巻市内の内海橋付近にぽつんと立っている廃ビルとアーケード。国道398号線に面する立町大通り商店街にはアーケードが設置されていましたが2014年末から順次撤去開始。2016/12現在ではほぼ完了していましたがこの部分だけ残っていました。

 

気が付いたらJR他各社のダイヤ改正の時期も過ぎ、3月も半ばになってしまいました。あとひと月もしないうちに新年度で、大学3年生という既に就活の足音が聞こえてくる学年になってしまいます。というか来年のこの時期にはエントリー開始でしょうし、インターンとかもありますので足音が聞こえるどころかやってきてボコボコに殴られています。憂鬱でしかありません。

 

さて、記事タイトルですが、まあスギ花粉のことです。日本には2500万人ものスギ花粉症発症者がいるようですね。私もその1人で、かれこれ12年もの間花粉症というものに苦しめられてきました。今年は例年に比べると幾らかマシなのですがティッシュの浪費がとんでもないしマスクも手放せないし、地味な出費が財布までをも苦しめます。

 

花粉症を発症した年というか、その日までよく覚えています。2005年の3月19日。何でそんな日付まではっきりしてるんだよと思われそうですが、明治神宮前野球場にて野球観戦をしていた時になってしまったものですから、少しスコアを漁れば出てきます。

ヤクルト対ソフトバンクオープン戦でした。ちょうど球界再編でホークスの親会社がダイエーからソフトバンクに変わった年ですね。楽天参入も前年の近鉄バファローズ吸収合併による消滅ももうそんな前になるのか。そういやこの年はロッテが日本シリーズ阪神に圧倒的大差で勝利した年か。「日本シリーズは中止になっただろ」という声が白い霧の中から聞こえてきそうです。

そんな小ネタはどうでもよいですが、まあこの試合を観戦しに当時小学2年生の私は父に連れられて神宮球場へとやってきたわけです。当時はヤクルトが好き(というより古田敦也が好き)だったので主にヤクルトに熱視線を送っていました。試合出てたのかは覚えてないけど。そしたら途中から「なんか鼻水出るしむず痒いぞ?」と違和感を感じ始め、試合終盤には症状が悪化し、幼いながらにこれは花粉症だと確信しました。テレビのニュースなどで見て「絶対こんな辛そうなのになりたくない」と思っていたらまさか球場で発症してしまうとは。ティッシュも切れてしょっちゅうトイレに行っては顔を洗っていた記憶しかないです。それ以来毎年春は鼻を真っ赤にしながら格闘し続けています。つらい。

 

神宮球場というか所在する明治神宮外苑は杉が多い…のかと思いきや少ないんですね。観戦中に明らかに症状が出てきたのでそこでなのかと思ったのですが。

www.meijijingu.or.jp

そもそも花粉症の仕組みを考えるとそれ以前に体内に入ってきた花粉が原因でもあるので明治神宮どうこうではないですね。

www.kyowa-kirin.co.jp

急激に筆者の無教養が露呈しました。

 

ちなみにこの試合はヤクルトが負けたのですが、調べてみたら敗戦投手がまさかの高井雄平。まだ入団2・3年目とかでしたか。思い返せば監督は若松でしたしラミレス、岩村、古田、土橋といった主力選手がいて、宮本もバリバリで、青木はこの年200本以上の安打を打って一気に主力となりました。稲葉がちょうどFAした時だったかな。城石や渡会とかも懐かしい。石川にはいつまでも頑張ってもらいたいな。

 

花粉症への恨み節なのかヤクルトスワローズを懐古する話なのかわからなくなりましたがこの辺で。高津ユニ着てる麗ちゃまをまた見たい

バースデイきっぷ

1週間ほど前にバイト先の方々と四国に行ってまいりまして、ひたすら飲み食いしておりました。体重計に乗りたくないです。4日でうどん7杯は改めて思い返すと少し食べすぎたなと。ですが讃岐うどんはどれも絶品だったので後悔はないですね。

 

この四国旅行、寝台特急サンライズ瀬戸号で東京から高松入りしてからのスタートで、琴平、道後・松山、四万十川・高知と巡っていったのですが、その際に「四国バースデイきっぷ」というものを使用しました。鉄道ファンには有名なきっぷですね。

 

www.jr-eki.com

 

JR四国全線と土佐くろしお鉄道、一部のJR四国バスが3日間利用できる企画乗車券ですが、何が有名かというと特急列車の普通車はもちろん、グリーン車も何度でも利用できる(利用前に駅の窓口などで座席の指定を受ける必要あり)という大盤振る舞いなきっぷなのです。特急・新幹線の普通車自由席乗り放題というのは過去に土・日きっぷ三連休パスなどの企画乗車券がありましたが、グリーン車まで乗り放題となるとフルムーン夫婦グリーンパスくらいなのではないでしょうか。

利用者本人の誕生月のみ使用可ですが、それ以外の人も本人と同行する場合に限りお連れ様用のきっぷを購入することができます。

 

f:id:miya4060:20170224002312j:plain

バースデイきっぷ(お連れ様用)

 

 

 

上記の内容ですが1人10280円という破格の値段で購入することができます。あまりの安さに目玉が射出されます。

しかし4月から値上げが発表されています。というよりは既存のグリーン車用と普通車自由席用に分かれます。

http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2001%2026%2002.pdf

(※PDF注意)

それでもグリーン車用は約3000円値上がりしただけの1300円ですし、普通車自由席用も9500円と相変わらずのお得ぶり。それと阿佐海岸鉄道がフリー区間に追加されています。

 

さて、そんなきっぷを使ってどれくらいトクをしたのか、先日の旅程を元に実際の運賃と比較してました。

 

f:id:miya4060:20170215105855j:plain

f:id:miya4060:20170215121127j:plain

<1日目>

琴平→多度津→松山 乗車券3180円

琴平→多度津 グリーン車1810円

多度津→松山 グリーン車4910円

 

f:id:miya4060:20170216164841j:plain

f:id:miya4060:20170216180216j:plain

<2日目>

松山→宇和島 乗車券1810円

       自由席1180円

宇和島窪川→高知 乗車券2960円

窪川→高知 指定席1700円

 

f:id:miya4060:20170224002538j:plain

<3日目>

高知→丸亀 乗車券2430円

      グリーン車4580円

計24560円

 

24560-10280=14280

 

約15000円も得をしました。今回の旅行でのJR線の利用は長距離移動時に使う程度で最低限の利用でしたが、グリーン車をできるだけ使用したとはいえこれだけ得することができたのは凄いです。

 

と、いろいろと書き連ねていきましたが主たる目的はどれだけ得をしたのか調べて忘備録的に載せたかっただけで、ほかの内容はすべて序でです。1ヵ月近く更新していなかったですしという謎の言い訳。

 

四国、また行きたいですね。うどん食べたい。

 

 

 

f:id:miya4060:20170216200437j:plain

おまけに高知市の商店街帯屋町。歩行者通路側にも車道用の信号機が設置されています。貨物トラックが乗り入れるそうです。

酒は飲んでもなんとやら

この記事を書き始めた時点(16:05頃)だと中目黒駅に酔っ払ってベンチでぐだーっとしている筆者です。特に吐きそうだったり線路に落っこちそうとかそういうわけではないですが、酩酊しており立っていると時たまふらつきます。

 

何でこうなっているのかと言うと、やんごとなき事情で昼間から都内某所で食事しつつ飲んでいたからです。さらに、みんな白ワインすら飲めないと僕に託した結果がこれです。

周りから酒に強いと言われ、自分でもそうそう潰れない自信はあり、事実潰れてはいないですがひどい酔い方です。半分自業自得ですがね。おかげで東横線上りの行き先がおかしいとも気付きませんでした。西武線が止まってFライナーが池袋止まりになっています。

 

まあ、非常に楽しかったのでこんな酔い方しても後悔はありません。一年間頑張った仲間と飲み交わせるというものは良いものです。最初は疑心暗鬼になってあまり近づこうとしなかった人とも最終敵には打ち解けて楽しめたわけですし。どんな人柄かはともかく自分との相性に問題無ければ仲良くしておくべきですね。相性すら悪かったら火の海に陥れるかの如くな気持ちでいるほうが精神衛生上良いですが。

 

結局中目黒駅から全く動こうとしていませんがいつ動きましょうか。酔いもなかなか醒めません。チキンクリスプのような匂いが非常に食欲を掻き立てます。ワインで腹がダボダボなはずなのですが。疲れたのでここで止めときます。オチはありません。

短い10両編成

タイトルのワードを何を言っているんだこいつはと捉えるか、その通りだと捉えるかは地域差があると思いますが、このような表現が当たり前のように為される地域では本当に短いのです。「普通列車上野行き、短い10両編成でまいります」というアナウンスに殺意と絶望感を若干希薄させたような感情が沸き起こるのです。

 

ひとえに短いと言っても何をもって短いとするのか。編成の長さだけを見れば多くの場合1両20m×10両の200mなわけだから長いっちゃあ長いです。多くの人はこの点で「短い10両」というワードにクエスチョンマークを浮かべますし、それが普通の感覚です。

まあ簡単に言ってしまえばその線区の最大両数に比べて短いというだけの話で、そのような意図で「短い10両」と表現されているわけです。しかし、「短い10両」に憎悪の念を抱く人々はそのような当たり前の事よりも、相対的に短くなった事によってもたらされる混雑の酷さに怒りの声を上げているのです。

 

基本的に朝ラッシュには輸送力を重視して15両編成の長い列車を数分おき(首都圏の中距離電車なんかは概ね3~5分間隔)に走らせ、オフピーク時間帯は需要に対する供給量の調整で10両が増え、夕方以降は再び15両になるという、大まかに見れば適切な運用がなされているように見えますが、細かく見てみるとそうでもなかったりします。

 

まず、朝ラッシュのピークが終わり、都心着が9時を過ぎるようになった時間帯。多くの企業が9時出社ではありますが、遅いところもありますし時差通勤が推し進められつつある世の中ですのでまだまだ多くの通勤客がいます。また、2限から始まるのであろう大学生や出かける人々もこの時間から増え始めますので、たくさんの人が乗るわけです。首都圏は東京を中心に外周にも異常とも言えるくらい人がびっしりと住んでいるので、たかだか出勤ピープルの残りや大学生やお出かけ客と言ってもかなりの人数がいます。

また、ラッシュ時に多くの列車を射出した郊外側の車庫は残弾がほぼなくなり、郊外へ下っていった車両はなかなか戻ってこないので本数は多くないし(せいぜい10分に1本)、多分まともに増やせません。そんな状況で10両編成の列車がやってきたらもう阿鼻叫喚。朝ラッシュよりマシとはいえど本当に日中なのか?と思うような混雑になるわけです。数字に直すと120~150%くらいでしょうか。何故かはわかりませんが物凄く混んでいるのに朝ラッシュ本番のような圧迫感が無いという点が、かえってストレスを加速させていきます。高崎線なんかは午前中いっぱいは学生や買い物客が多く上ってくるので、大宮に滑り込む10両の列車なんかはひどい混雑です。

それと、郊外方面にも混雑するラッシュアワーがありますが、朝は増結車両を都心方面に持って行かれているので10両ばかりとなり、ひどく混雑します。東海道線とか東海道線とか東海道線とか。

 

夕方以降、ラッシュど真ん中にも時々短い10両は襲いかかります。宇都宮・高崎線の通勤快速なんかがいい例ですが、最近は普通列車にも10両で走る列車があってたちが悪いです。

 

「短い10両」とは、物理的な短さでも相対的な短さでもなく、需要に対して供給量が少ないというものなのです。ちなみに、横須賀・総武快速線は基本編成が11両なので「短い11両」となり、さらにパワーワード感が増します。カボチャ色の列車の頃は東海道線もそうでした。逆に宇都宮・高崎線は「短い7両」、常磐線は「短い8両」だったので今の方がマシ……と思いきや、現行の10両のうち2両は普通グリーン車で別料金が掛かるのであまり変わりません。

 

ここまで長々と駄文を書き連ねていきましたが、何が言いたいかというと短い10両はクソ

 

 

この記事はあくまで筆者の一個人としての見解ですので何の参考にもなりません。

なんにもない

f:id:miya4060:20160830090136j:plain

画像は基本的に関係ありません。朝の開店前の小樽の商店街です。

 

1月に入ってもう17日も経って18日目に入ってしまいました。時間の経過が早いなぁというか、時間を浪費してしまったなぁという後悔の念に駆られています。年が明けて最初のほうこそ友人と新潟に行ったりしていたのですが、大学が始まった途端ひたすら家と大学とバイト先とを行き来するだけなうえに、家にいても課題と試験勉強以外何もしていないというつまらない生活を気が付いたら2週間近く送っていたという。成人式は行きましたが知りません。忙しくはないです。余暇時間に何もしていないだけです。

 

なので何か話題になるようなネタも全くないのです。普段生活していれば何かしら言いたいことが出てくるのですがね。今年に入ってからは何か感化されるような出来事が無くて、つまらん生活だなあ、ホント。まあネガティブなことばかり言っていてもしょうがないですし、試験が終わったらいろいろやりたいですね。本を読みたい。最近自分の不勉強さが嫌になることが多いので。

 

とりあえずこんな時間ですし寝なければ。

タイトルなし

f:id:miya4060:20161229181429j:image

 

今年もあと2日です。今日と明日で終わりという現実を受け入れたくは無いですが良い2017年を迎えられたらなと思います。気が早いですね。

 

土曜から体調を崩していました。胃腸炎です。発熱は38.5℃くらいまでいったもののすぐ下がったのですが、腹痛と下痢が酷くて大変でした。腹が呉線と同じくらいの頻度で痛くなるものですから苦しかったですね。呉線と同じくらいの頻度というと1時間に3回、多くて4,5回という具合です。比喩表現使ってわかりづらくしてどうするんだ。

昨日くらいからちゃんとした食事も摂れるようになって、現在はほぼ治ったのですが、それまで食欲はあるのに消化に良い雑炊とうどんと煮麵しか食べられなかったので、もう食欲を抑えるのが大変です。肉食わせろ二郎食わせろ酒飲ませろ。冒頭の写真はその意思表示です。

 

もうひとつ、今年も冬のコミックマーケットがスタートしました。1日目の昨日は会場を見るだけで終わりましたが、東7ホールが思っていたよりも広々としていて感動。

2日目の今日は多少買い物して終わりといったところでしょうか。金はあるのに使えません。クレジットカードには気をつけましょう。さすがに支払えなくなるほどは使いませんが、「来月は結構入るからまだまだ使える」と調子に乗ってると財政が火の車です。

復活

なんだか身内の一部でブログブームが来ているので復活させました。Twitterに長々と写真を載せながらいろいろ発言するのも面倒になってきた頃だったのでちょうどいいかも。

過去の記事をインポートしましたが、まあなんというか、時代を感じさせるような表現ばかりですね(当時中高生の自分の文章力不足もありますが)。今でもろくな文章は書けませんしめちゃくちゃな表現しかしません。

 

誰が見てくれるのかわかりませんが見つけた時にちらっと見ていただければ幸いです。